アサイの強み 製品について 会社情報 アフターサービス 受託生産 採用情報 ニュース お問い合わせ

新規導入に関する
お問い合わせ

アフターサービスに関する
お問い合わせ

受託生産に関する
お問い合わせ

INTERVIEW

社員インタビュー

VECTOR TO

アサイの若手社員にインタビュー。技術部門、製造部門などのさまざまな社員に
現在の仕事内容や今後の目標や夢などの「めざす道」について答えてもらいました。

成長し続けること お客様対応課 荻沢 隼司
成長し続けること お客様対応課 荻沢 隼司

アサイに入社したきっかけはなんですか?

学生時代には油圧プレスという機械について聞き馴染みがなく、自動車部品やキッチン用品を製造するための機械を製造する会社、という程度の認識でした。日本は自動車産業に長けているので自動車産業に関わる会社に興味があり、会社説明会をきっかけにアサイのことを知りました。そこで実際に働いている先輩方が和やかに会話されている様子に魅力を感じました。また、拠点が石川県ということから地元で働きたい私にとっては打ってつけの会社でした。

職場の雰囲気やこれまでの体験などを教えてください。

実際に働いてみると、もちろん会社としての緊張感は感じますが、会社説明会で感じた和やかさもあります。以前、油圧プレスの据付に立ち会った際には、お客様にご迷惑をおかけして深く反省したこともありました。そのときの経験を活かして、現在はお客様が望んでいることに最良の対応ができるよう日々心がけています。

あなたにとってのアサイはどんな場所ですか?

自分自身が成長でき、人との繋がりを感じられる場です。最初に教わった名刺交換の仕方も、よりわかりやすい見積作成の仕方も、お客様にご迷惑をおかけして反省したことも全て私を成長させる経験となり今に繋がっています。これは紛れもなくアサイだから経験できたことです。また、仕事上でできることが増えていくにつれ、これまで関わることのなかった他部門の方との繋がりを感じます。困った時には協力してくれる社員の方々がいるので心強いです。

挑戦し続けられる人 技術課 機械G 山田 采音
挑戦し続けられる人 技術課 機械G 山田 采音

アサイに入社したきっかけはなんですか?

アサイを知ったきっかけは就職サイトでした。大学時代、機械専攻ではありませんでしたが、新しいことを学びたい、挑戦したいという思いが強かったこともあり、他に興味があった機械系の業種を考えていました。実際に、ガイダンスでアサイの経営理念である『利他精神』の話を聞き、一人ひとりがお客様の立場になって「ものづくり」をしているところにとても魅力を感じました。

職場の雰囲気やこれまでの体験などを教えてください。

私の主な業務内容は、油圧プレスの設計、製図です。その業務の中で簡単な図面の作成などを通して必要な知識を習得でき、入社当時は図面の書き方・見方すら分からず、ゼロからのスタートで、講習や先輩からのアドバイスなど日々勉強の毎日でしたが、図面を書くたびに学んだ知識を活かせている事に少しずつ自分でも成長を感じています。また、自分が書いた図面から実際に部品が出来上がったとき、とてもやりがいを感じます。いつか大きな機械を計画できるようもっと勉強していきたいと思います。さらに、サークルやイベントなどもあり、他部署の人とも関わりを持てるので仕事の話はもちろん、趣味なども共有できて、仕事以外でも充実しています。

あなたにとってのアサイはどんな場所ですか?

『社員全員が一丸となり、お客様のニーズにお応えしたものづくりができる』そんな企業だと思います。一人ひとり考えることは異なります。アサイでは、相手の意見を聞き入れ、また自分の意見も積極的に発信し、試行錯誤してたくさんのアイデアが詰まった製品が造られます。さらに、設計から調達、板金、加工、組立までを一貫して行っているので、1つの製品に社員全員が携わります。そのぶん完成したときの喜びは大きいです。たくさんの人と協力して、多くのことを学び成長できる職場だと私は思います。

会社に貢献すること 技術課 制御G 西田 翼
会社に貢献すること 技術課 制御G 西田 翼

アサイに入社したきっかけはなんですか?

就職活動を行うにあたり、地元の企業を調べていたときにアサイを知りました。アサイは中小企業ではありますが、70年を超えて長く愛されている企業であり、100周年を自分の代で迎えられるということに魅力を感じました。また、アサイには社員食堂があり、安価な値段で毎日違うメニューの定食を食べることができる点やサークル活動などの福利厚生が充実していることなどにも魅力を感じました。

職場の雰囲気やこれまでの体験などを教えてください。

アサイグループに入る前は油圧プレスについての知識は全くなかったので、1年目は講習会や展示会に参加し、先輩の作業を見ながら教えてもらうことで、図面の描き方やプログラムの作り方、機械の動かし方などの基礎を身につけました。2年目からは先輩に質問したり自分で調べたり、自身がメインで作業するようになりました。自分が携わった機械が正しく動作したときには、大きなやりがいを感じました。

あなたにとってのアサイはどんな場所ですか?

入社してまだ2年ほどですが、これからの人生の倍以上をアサイグループで働くことになると思っています。アサイグループの100周年を迎えるころにはグループの一員として働いていることに誇りを持ち、アサイに入ってよかったと思えているのではないかと感じています。そのために知識と技術を身につけて会社に貢献できるように日々精進したいと思います。

頼れる先輩社員 板金課 川口 啓太
頼れる先輩社員 板金課 川口 啓太

アサイに入社したきっかけはなんですか?

父からアサイグループのことを聞いたのがきっかけです。社員みんながアサイの製品に対して誠心誠意を尽くし働いていることを知り、魅力を感じました。入社後は、先輩方が優しく丁寧に仕事を教えてくださることや、わからないことを聞きやすい環境で安心して仕事ができることにも魅力に感じています。

職場の雰囲気やこれまでの体験などを教えてください。

働いてみて実際に感じたのは、職場での話しやすさです。先輩からは、作業工程をしっかり確認して進めることを教わりました。悔しかったことは作業確認が抜け、後工程の方に迷惑をかけてしまったことです。嬉しかったことはいろんな作業を少しずつ覚えてできることが増えたことです。毎日、作業指示書で各作業に対してKY(危険予知)ポイントを明示されており、安全に作業できるように、また安全面談があり上長との安全に対するコミュニケーションは取りやすくなっています。

あなたにとってのアサイはどんな場所ですか?

いろいろな作業を覚えたり、免許取得や講習などに行かせてもらったり、自分を成長させてくれる会社だと思います。時には厳しく、時には優しく、先輩方が教えてくれます。それが自分の成長につながっていると感じます。また、福利厚生も整っているので働きやすく自分にあった環境だと思います。

成長し続けること 機械課 中島 健登
成長し続けること 機械課 中島 健登

アサイに入社したきっかけはなんですか?

高校時代の職場体験がきっかけでアサイを知りました。職場体験では、楽しそうにコミュニケーションをとりながら一生懸命働いている社員の方々が印象的でした。その姿勢に感銘を受け、私も社員の一員になりたいと思い、アサイを志望しました。

職場の雰囲気やこれまでの体験などを教えてください。

工業系の高校を卒業していなかった私はゼロからのスタートだったため、最初は不安でした。働き始めるとすぐに、一緒に仕事をする先輩方が、親身になってわからないことをアドバイスをしてくださる環境だとわかりました。今では不安もなく楽しく仕事をしています。また、安全第一で皆さん日々作業をおこなっていて、KYT(危険予知トレーニング)による訓練や、現場で自分が体験した「ヒヤリハット」を上司に報告して対策をとり、皆で情報共有をして安全に対する意識を向上しています。

あなたにとってのアサイはどんな場所ですか?

私にとってアサイは、自分自身が成長できる場です。先輩方からのあたたかいアドバイスのおかげで出来なかった事が出来るようになったときはとても達成感を感じます。毎日が人生の勉強で、自己成長していくことがとても楽しみに感じます。

新しいことにチャレンジ 組立課 橋爪 拓也
新しいことにチャレンジ 組立課 橋爪 拓也

アサイはどんな会社ですか?

お客様が良質な製品を生産し続けられる機械を、社員全員の力でつくりだすことができる会社です。また使用目的に合った生産ができるよう、我々からお客様に改善などの提案をすることで、お客様が求める要望以上の機械を作ることができます。

自部門の強みはなんですか?

使用する人たちの目線でものづくりを行い、使い勝手や外観にも目を配り、きれいで良いものをつくることです。一人ひとりの安全意識も高く、危険な作業や、やりにくい作業などは「ゼロ災活動」などでリスクを洗い出し、改善することで働きやすい作業環境を実現しています。

あなたにとってのアサイはどんな場所ですか?

自分のできることだけをやるのではなく、新しいことにチャレンジできる環境だと実感しています。知識や技術を身に付けることで、視野が広がり、自分の成長も実感でき、自信にもつなげることができます。